就活のメイクは普段とはちょっと違う

就活の際の身だしなみで一番意識したのは顔色です。
目を大きく見せたり唇をプルプルにしても、自然体の表情や愛想の良さをチェックしている面接官の前ではあまり意味を為さないのです。
つまりボロボロの肌で行くのは論外ですが、顔を厚塗りしすぎて手足の色と違いが出るのも見映えがよくないため、ナチュラルメイクのさじ加減に随分迷わされました。
ちなみに私が使っていたファンデーションはちふれでした。
値段が手頃な化粧品の中でも、自分の肌に合っていたので使っていました。
また、チークも顔色を良く見せるためには必須アイテムです。
私が使っていたのはヴィゼのベビーフィニッシュというものです。
コンパクトの中に四色のチークが入っており、薄い色から順に重ねていくと、自然かつ血色が良い頬になりました。
30代で転職となると、20代よりスキル面で求められることが多いと思います。
なので、何を使うかよりもその職場にあったメイクができているのか、髪型は清潔感があるのか。
服装・持ち物など場に適したものを持ってきているかがポイントだと思います。
私は飲食業から事務系への転職でしたが、ふだん使っているアイシャドーなどはキャンメイクなどのドラッグストアで手に入る安いもの。
理由は、飲食店のころはキッチン作業をしているとメイクはすぐに崩れるのでポイントメイクはホールに出る前にさっと使えることが重要でした。
なくすことも多かったため、わざわざブランドものを使いませんでした。
転職活動中は手持ちのグリーンベースか、ブラウンベースを使っていました。

ナチュラルメイクは難しい

通勤や就職活動、あるいは外出する時に何かと必要になるナチュラルメイク。
自然、という名前はついていますが、自然で綺麗に見せるのって難しいですよね。
しかも、自分に合った化粧品ってなかなか見つからないのです。
管理人の場合、ソフィーナ、資生堂コフレドール等、下地、ファンデーションは同じメーカーで、口紅、アイシャドー等は、それぞれ違うメーカーの物を使いました。

会う人や行先によって求めるイメージが違うと思うので、今回はこういう印象でいこうとテーマを決めておかないとナチュラルメイクはうまくいきません。
例えば取引先の人と会うときはあまり派手すぎない方が良いでしょうが、異業種交流会などの時はちょっと肌が明るく見えるようなメイクなど。。。考え出したらキリがないくらいです。
ただ、共通しているのは派手なメイクで行くと、違和感を持たれてしまうこと。

もちろん、TPOによっては、個性的に、オシャレにした方が良いでしょう。
髪型も同じで、堅い会社では、初めは、無難な髪形や色が良いと思います。
行先の雰囲気が許す範囲で、自分の好きな髪形にすればよいと思います。

基礎化粧品について

以前の私は、ドラックストアなどで人気ナンバー1の商品などに目がなく気になったらすぐに買っていました。
しかし、知り合いの美容家の方に基礎化粧品はしっかり選んだ方がいいと教えてもらいました。
気になったら購入をしていたのですが、それが自分の肌に合っているかなんて考えてもいませんでした。

ホリスティックケアとコスメティックケアの違いについて教えてもらい、普段使っていた化粧品がほとんどがコスメティックもので撃沈したことを覚えています。
今まで使用していたものがオイルシート方式のもので、使用感もさっぱりしていて好きだったものもあったのですが、話を聞いた後だと自分の肌が段々乾燥肌になっていくとしか思わなくなっていました。
ウォーターマグネット方式のものを使用するようになり、お風呂上がりのつっぱり感などがなくなり乾燥肌だと思っていた肌も乾燥しなくなっていきました。
今までは洗顔した後の顔がかなりつっぱり感が合ってすぐに化粧水をしていたのですが、今は少し時間をおいても急いで化粧水をつけることも無くなりました。
化粧水以外のもの全てウォーターマグネット方式のものに切り替え、現在実感していることは数多くあるのですが、一番実感していることは、ファンデーションです。

以前はファンデの崩れも結構あり、乾燥もしていて粉を吹いていたことがあり、よく化粧の上からスプレータイプの化粧の上からふりかける化粧水を使用していたのですが、今では化粧崩れもなく、粉を吹くこともなくしまいには化粧したまま寝ていても肌荒れもしなくなりました。
基礎化粧品がいかに大事か身にしめて今ではよく理解しでき、今後も基礎化粧品には気をつけていこうと思っています。