おすすめの化粧水の三度使い

化粧水って、洗顔のあとに何回使いますか?

冬場、特に乾燥する時期は洗顔後、さっぱりした、余分な皮脂を取り除いた肌に三回使っています。
まず一回使って、それが浸透してお肌が乾き切る前に二回目、さらに三回目と同じ手順で使っていきます。
そして最後に乳液という油分で蓋をしてスキンケア完了です。

手でつけるのもこだわりのひとつですかね。
コットンだとどうしても毛羽立ったり、ちょっと擦れただけでもニキビが破けたりしてしまうので。
さらに、手で使うひとにとっては常識かもしれませんが、手のひらで温めてあげることで化粧水の入りがよくなります。

この小技、三回使うことで安いやつでもよく潤って、いい感じのもちもち肌になれますよ。
その為、化粧水についてはたっぷり使える大容量廉価でまあまあ無添加のものを使用しています。

さらにもう一工夫。
これでもかというくらい乾燥しているという時はそこにオイルを足したりします。
化粧水の前、洗顔後すぐにオイルを一滴手のひら全体に馴染ませて温め、伸ばして肌に乗せてから化粧水を馴染ませるのです。
アプリコットオイル製品・アンミオイルなどは最適ですね。

油分が浸透を助けてくれ、これだけで仕上がりが変わります。
オイリーな混合肌の私はあまりこの技を顔には使いませんが、よく粉噴いたり、剥けたりしている膝に使っています。いい感じですよ。

このように、節約志向がある私はある程度の質のものをちょっとした小技で使用しています。
ほんの小技ですが、使うのと使わないのとではずいぶん違ってきます。
よかったらぜひ一度、お試しください。

敏感肌なので添加物の少ない化粧品を使っています

新しい化粧品を使うときはいつもドキドキします。
敏感肌なので、お肌に合わない化粧品を使うと赤くなったりヒリヒリしたりするんです。
何もつけない方がマシと思い、化粧品を使わない時期もあったんですが、乾燥して余計にお肌が敏感になってしまって。
いろいろな化粧品を試しましたが、最近シンプルな方法に落ち着きました。

本当に保湿だけが目的の化粧水でお肌を潤し、クリーム代わりにアプリコットオイルを少量のばす、たったこれだけです。
私が使っているアプリコットオイルはアンミオイルというものなのですが、癖が無くて使いやすいです

高機能の化粧水やクリームはお肌に合う人には効果があっていいんでしょうけど、お肌の弱い私にとっては入っている成分そのものが刺激になったりする事があるんです。
なので極力シンプルに、「お肌が潤って水分の蒸発を防ぐ事が出来るだけの機能」があればいいという事で
この2点しか使っていません。
天然成分のオイルでも人によっては肌荒れやアレルギーを起こす人もいますが、私の肌にはぴったりです。

朝・夜ともに同じお手入れで、メイクもオイルをぬった後に行いますが、アプリコットオイルは少量だったらそんなにベトベトしませんし、メイクの前にティッシュで余分な油分をおさえてとっているので日中1回メイク直しをする程度です。
界面活性剤が入っていないため、お肌が乾燥しすぎる事がないので安心して使えます。

この方法にしてから1年以上経ちますが、赤くなったりヒリヒリしたりする事がなくなってすごく快適に過ごしています。